眼球の発育 視力回復&脳活性プログラム アイアップ 前田和久 方法

正常な眼球の発育に欠かせないこと

子供の正常な眼球の発育に欠かせないことをご存じですか?
学校の視力検査で、視力低下を指摘されたお子さんをお持ちの親御さんも多いことでしょう。

 

 

そもそも眼球は目の周囲の6つの外眼筋の筋肉を動かすことで眼球運動をしており、この部分に適切な刺激が加わることが眼球の正常な発育には欠かせないのです。
そして、私たちは普段は殆ど意識することなく目を動かして物を見ていますが、この目を動かすことが近視の進行と関係があるんですね。

 

 

ですが、現代は様々な機器が発達し便利になりボタン一つで何でも出来てしまうなど、全身の筋肉を使わなくても、一部の筋肉を使えば出来てしまいます。
また、筋肉を動かすには脳からの指令が必要ですが、筋肉を使わなければその指令を送る脳の働きも衰えてしまいます。

 

 

今の子供たちは室内で過ごすと事が増え、外で遊ぶことが少なくなってきており、全身の筋肉を使い、脳に刺激を与えなければいけない成長期には大きなマイナスになっています。
したがって、全身の筋肉を適切に動かすことが、脳への刺激となり、正常な発育に繋がるのです。

 

 

これは眼球も同じで、室内生活が多くなると遠くを見たりする必要もなくなり、広い視野を使わなくなることから目の周辺網膜を使わなくなります。

 

 

これは眼球運動が少なくなることと関連が高く、外眼筋を使わないことも増えることで近視の進行に拍車をかけてしまいます。
広い視野を使うということは、周辺網膜を鍛え、外眼筋も良く動かし、様々な刺激が眼球や目の筋肉、神経、脳に加わることで眼球を正常に成長させるのです。

 

 

そして、既に説明したてきたように私たちは脳で物を見ており、目と脳や体の他の部分は無意識に情報のキャッチボールをしているのです。
それによって目と脳は連動して、物を見て、その情報が脳に伝わり体が反応というようになるのです。

 

 

しかし、この時に近視で目の筋肉が凝り固まっていると、それが上手く出来なくなってしまうのです。
現在は、子供の近視を進行させないないトレーニング等も様々なものがありますが、単に目に良いからと勧められて嫌々行うものよりは、自らの子供の意志で、積極的に目を使う事が視力回復には重要です。

 

 

正しい視力トレーニングなら誰にでも一定の効果が期待出来るとは思いますが、効果の良し悪しはこうしたやる気の問題も大きいでしょう。
勉強やスポーツでも何でもそうですが、積極的になれるかどうかで同じ時間を費やしても効果が大きく違う事は誰もが経験したこがあるのではないでしょうか。

 

 

つまり、子供が嫌々やる視力回復トレーニングよりは、ゲーム感覚で楽しく出来る方法が効果が出やすいと思うのです。

 

 

この視力向上委員会の前田先生の視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」は、ほとんど眺めているだけ。簡単なゲームプログラムをパソコンで楽しむだけで、目の機能改善はもちろんのこと、脳が活性化され、視力が回復することが期待できるのです。

しかも、正しい目の使い方が身につくなど、視力低下のリバウンドも防ぐことも出来ます。

 

毎日たった5分間、ゲームを楽しむだけ。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」の詳細を見てみる >>

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集