眼と脳の連携 視力回復&脳活性プログラム アイアップ 前田和久 方法

目と脳の連携を良くしよう。

視力回復には目と脳の連携を良くすることが大切なのをご存じですか?
眼から得た情報を脳に伝達し、情報を理解したり、記憶や保存したりする能力が情報処理能力ですね。

 

 

そして、得た情報を変化させて、更にその先をイメージしたりするといった複雑な行動が行えるものも、目と脳が連携しているおかげなんです。

 

 

更に、脳が眼から得た情報を元に体の神経や関節、筋肉などに命令をして体が動き行動を起こせるわけで、そこには目と脳と体の連携が上手くいっているからこそ出来るものです。
そして、この連携は生まれてから大人に成長するまでの経験によって育つものなんです。

 

 

何かにぶっかったり、転んだりすることで、自分の身体の動かし方なども身についてくるんですね。
ですが、目と脳の連係が上手くいかないと、飛んできたボールがよけられなかったり、躓いた時にとっさに体を支えられず、転倒してしまう、学校の体育の授業などで、みんなと同じ動きができないなど、反応も鈍くなってしまいます。

 

 

いずれにしても、眼から得た情報が脳に伝わり、正確に体を動かすことが出来るのは、目と脳と体の連携が確立しているからです。
これが正確に働かない子供は、脳の情報処理はもちろん、体の動きが十分に機能しなくなってしまいます。

 

 

その為、情報処理能力問題がある子供なら、理解力やイメージ力、記憶力にも乏しくなり、新しいことなども覚えたりすることが苦手になることから、学校の成績も低く評価されて、頭が悪いという印象を持たれてしまいます。

 

 

更に、自分の身体の動かし方も良くわからず、何かにぶっかったり、転んだりすることが多いのが特徴で、運動も苦手で動作が緩慢な印象も与えてしまうでしょう。
また、細かい作業も苦手で、粗雑な字を書く子が多く見られます。

 

 

ですが、これらはあくまで目と脳と体の連携の不具合から生じていることなので、目と脳の連携を改善することで、それが体にまで波及していくのです。

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集