目は脳と心をやる気にさせる火付け役

目は脳と心をやる気にさせる火付け役

目が悪い人は勉強が出来ないのも無理はありませんね。
と言うのも、目は脳と心をやる気にさせる火付け役ともいえるからです。

 

 

勉強は、夢や目標などやりたいことを成し遂げるためにやるものであって学校の先生や親御さんが言うからイヤイヤやるのでは身につきません。
特に目が悪い人は集中力や記憶力、想像力が低下した状態ですので、勉強の成果があがらないのは無理もないでしょう。

 

 

もし、あなたのお子さん目が悪いなら、勉強もやる気がなくなり、そのせいで成績が悪いということが考えられます。
その為、脳と目の両方から視力を回復させることが大切です。

 

 

目がよい人でも、1日中パソコンをとにらめっこしていたら目と脳が疲れ果てた状態になってしまいます。
勉強というのは 、やる気がなければ出来るものではありませんから、目が疲れ果て、視力が低下してものが見えなくなるとやる気もわかなくなってしまうのです。

 

 

そして、視力低下を防ぐには、目を疲れないようにすることが大切です。
静止状態でものを見る時、1日に消費するエネルギーのおよそ半分を目が使うと言われています。

 

 

血液と酸素をたくさん使ってエネルギー発生させて目を使っているんですね。
ですので、体の中で一番疲れやすいのは目及ぶ脳なのです。
それでなくても、テレビやゲーム、スマートフォンなどを使い、子供の目と脳は酷使され疲れ果てています。

 

 

また、最近では学校でもパソコンを使って授業をすることも増えてきています。
普通に書面を見るよりも、画面から発する光で見ると2〜3倍は疲れるので、視力も低下して目が悪くなっても当然でしょう。

 

 

その為、目と脳が疲労しないようにし、疲れを取り除いて元気にしてあげる必要があります。
目も脳もお互いに直結していますから、その両方がスイッチ切れでは、いくら本を読んでも、先生のは話を聞いても、情報が脳に伝わり処理されることはありません。

 

 

これでは、読解力も理解力も働きようがないのです。
したがって、視力を回復し、目の使い方を良くすれば、学力アップはもっと簡単な筈です。
お子さんの学校や塾の成績を上げたいなら、まずは視力と目の使い方を鍛える必要があると言えるでしょう。

 

 

毎日たった5分間、ゲームを楽しむだけ。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」の詳細を見てみる >>

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集