良くなる 視力回復&脳活性プログラム アイアップ 前田和久 方法

視力が良くなると脳が発達する

視力がよくなれば脳が発達してくるのではないかと思います。
というのも、「ものを見る」というのは目で見た情報が視神経を通じて大脳に送られ、そこで映像化されて、見えたということになりますからね。

 

視力が良くなる

 

で、視力が低下すれば、ものがハッキリ見えなくなってくるので、視覚を通じて脳に伝わる刺激もそれだけ減るということになるのかなと。

 

 

視覚で得られる情報には、形、色、大きさ、状態、遠近、位置などたくさんありますが、こうした情報を「もの」と関連させることで、理解力や認識力を深めているみたいです。

 

 

脳に取り入れる情報が鮮明でハッキリしたものであれば、脳に刺激がつたわるようになることから、結果として脳が発達してくるようです。
特に子供の場合はそれが顕著で、特に3歳くらいから10歳ころまでの成長期の視力は大切でしょう。

 

 

何故なら、脳も10歳くらいで大人と同等になるようですからね。
実際に、日本でも視力障害に陥ると脳の発達が阻害されるという研究結果や学術記事も多くみられます。

 

 

また、これは日本だけじやなくて、アメリカなどの海外でも、視力は目の機能だけで決まるのではなくて、目から脳までの総合的なプロセスと考えていたようで、視力のトラブルで成績が不振だった子供の成績が1990年頃からぐんぐんアップし始めたということがあったようですよ♪

 

 

大人の場合も、視力が改善されて脳への刺激が高まれば、子供ほどではなくても脳は発達するみたいですね。
実際に脳トレなどもあり、ボケ予防にもいいといわれますから。

 

 

逆に、目が良く見える人はボケる人が少ないとも言われますからね。
大人の視力回復は、このようにやる気が出て、色々なことに興味が出てくるようになったとか、集中力も出て、記憶力がアップして資格試験に受かったなど、脳が活動的になる場合があるみたいです。

 

 

なので、いくつになっても視力は良くしておきたいですね。('ω')ノ

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集