視力回復&脳活性プログラム アイアップ 前田和久 物忘れ 方法

視力低下と物忘れの関係

あなたは、ここ最近、記憶力が低下し物忘れが激しいと感じたことはありませんか?

 

 

「物を置いた場所が思い出せない…」「人の名前がなかなか出てこない…」など、このような物忘れは脳の老化と言えますね。ですが実は視力の低下が、物忘れなど記憶力の低下に大きく関係しているんです。

 

 

これまで思いもよらなかったかもしれませんが、物忘れに直接関係している記憶力と視力には密接な関係があるんです。
物を見ると言うのは脳と目の連携作業であり、脳は目から情報を得て入力するので、例えば、初めて会う人を覚えるときに、相手の顔などの特徴を目でしっかり見て、その顔の特徴などの情報を脳に送っている訳なんです。

 

 

したがって、その脳に送られた情報は、脳に記憶として溜められ、次に思い出す時に脳からその情報を引き出して思い出すのです。

 

 

脳を活性化させる正しい目の使い方を実践することにより、「脳力」が総合的に鍛えられ、ものごとの理解力、集中力、記憶力までも高める事ができ、脳年齢も若返り視力が実際に上がります。
これは脳を活性化させ記憶力を上げると、視力も上がる。つまり脳の働きを良くすると視力が上がるのです。

 

 

これは、不可解でも何でもないんですね。例えば、瞬時に物を見て覚える時などは、脳では一度に大量の情報を処理することになり、この脳の処理の作業能力を高めることによって脳内視力も上がるのです。

 

 

ですので、普段から物を何となくぼーっと見ている人と、瞬間的に見る人とでは脳内視力に自然と差が出てくるのです。
瞬時に物を見るというのは、言いかえれば瞬間的に頭に入れて脳が判断していることになり、脳トレゲームなどでそうしたことを習慣的にやり鍛えて行けば、脳が活性されて視力アップに繋がるのです。

 

 

この視力向上委員会の前田先生の視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」は、ほとんど眺めているだけの簡単なゲームプログラムをパソコンで楽しむだけで、脳が活性化され、視力が回復することが期待出来ます。これまでのような眼を鍛えることだけを主体とした視力回復法とは一線を画すプログラムです。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」の詳細を見てみる >>

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集