視力回復&脳活性プログラム アイアップ 前田和久 方法

近視の人は脳が疲れている

勉強や本などを読みすぎたり、仕事などでパソコンを使うようになってから視力が下がってきたなど、情報化社会による脳の疲れから近視になり視力低下が増えています。

 

 

特に最近は、プログラマーなどコンピューターを仕事に使っている人だけではなく、ゲーム好きの小学生から携帯メールやインターネットを頻繁に使用している社会人の大人の方まで、誰もが情報ストレスとは切っても切り離せない時代です。

 

 

そもそも人間の目は、構造的に外敵から身を守るために、遠くを見えるように作られています。その為、携帯電話などの画面の一点をじっと見ること自体がストレスなんですね。
それによって引き起こされる脳の疲労もかなりになっている筈です。

 

 

そして、一般的な近視の方はの性格は、比較的にまじめで責任感が強い人が多い傾向にあり、そのような人は何かに取り組もうとしたときに身構えて緊張してしまうことから、目の毛様体筋も同じように緊張状態が続き、縮こまったままになることで、眼球に入ってくる光が網膜の手前で結ばれてしまいます。

 

 

したがって、物を見る時にも、その対象物の手前でピントを合わせることが多くなり、視野が狭くなってしまうのです。
良く言うことに「あなたの考え方は視野が狭すぎる」などと言う事がありますが、これは決して考え方の例えだけではなく、近視の人は視野が狭く、ピントを手前になってしまうので、考え方も同じようになって、目の前にあることを必死になってしまって、全体のポイントなどを素早く把握したりすることが苦手な方が多いのです。

 

 

その結果、勉強や仕事などでも、要領よく内容を把握することが下手な為に、集中力や記憶力も低下傾向があります。つまり、脳は目の前の情報を処理することだけに専念してしまうことで、全体的な処理の力が落ちてしまっているんですね。

 

 

逆に視力が回復することで、広い視野で物事を考えられるようになり、記憶力や集中力もアップしてくるようになるでしょう。そして、こうした近視の方の視力回復のカギは、脳の過緊張を取り除くことが必要です。

 

 

この視力向上委員会の前田先生の「アイアップ」は、ゲームソフトではありません。視力回復&脳活性プログラムです。つまり、パソコンを使っていても、目や脳を疲れれさせるようなことは一切ありません。それどころか、あなたの目の疲れやコリをほぐし、脳の疲れをリフレッシュする効果があります。

勉強や仕事に集中したとき、「アイアップ!」を試して下さい。目や脳の疲れがリフレッシュできるので集中力を取り戻せます。

 

 

毎日たった5分間、ゲームを楽しむだけ。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」の詳細を見てみる >>

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集