疲れ目 視力回復&脳活性プログラム アイアップ 前田和久 方法

疲れ目は勉強の大敵

最近の子供は受験戦争もあり、小学生の頃から塾に通ったりと勉強のし過ぎやパソコンの使い過ぎで、目や脳が疲れている子供も多いですね。

 

 

特に受験生になると、勉強しなければいけない範囲も広く、覚えなければいけないことも沢山あります。
その為、長時間勉強しなければ追いつかないですし、しかも集中力がないと頭にの中にもなかなか入っていかないでしょう。

 

 

そんなこともあり、受験生は集中力を高める為に様々な工夫をします。

 

 

例えば、机のスタンド以外の電気を消して部屋を暗くして集中力を高めようとした経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。
確かに、このように周りが暗いと気が散りにくくなるような気がするものです。
しかし、手元との周りの明るさに差がありすぎると、目には良いことではありません。

 

 

部屋を明るくしておき、更に机のスタンドをつけるよういしないと、目の負担が増えてしまうのです。
こんな状態で勉強していると疲れ目(眼精疲労)になって、かえって勉強がはかどらなくなってしまうでしょう。

 

 

あなたが受験生を持つ親なら、少しでもわが子が勉強がはかどるように、冷暖房に気を配ったり、栄養のある夜食を作ってあげたりしているかもしれませんね。
その気持ちはとても良くわかるのですが、私は親御さんであるあなたにこう言いたいのです。

 

 

冷暖房などの勉強しやすい環境を整えてあげることも結構ですが、子供にとって何よりの勉強の武器であり、一生涯の財産である眼を守ってあげて欲しいのです。

 

 

近視など、目が悪くなってから視力回復トレーニングを受ける為に専門機関に行くと、最低でも30分くらいはかかります。その上、往復の時間などを考えれば、時間がもったいないと思う人もいるかもしれませんが、目が疲れた状態で勉強しても決して能率があがらず頭にも入っていかないでしょう。

 

 

ですが、こうした疲れ目などの眼精疲労を治す時間はリラックスでき、むしろ本来の自分を取り戻す時間と考えれば勉強には大きなプラスになると思うんですね。

 

 

毎日の勉強で緊張しっぱなしになるよりは、リラックス時間を持つほうが、勉強する為に机に向かった時に、集中力が増して能率もあがり、頭の中に良く入っていき、成績もアップするかもしれません。

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集