メガネ 眼精疲労 原因 視力回復&脳活性プログラム アイアップ 前田和久 方法

良く見えるメガネは眼精疲労の原因になる?

眼精疲労や疲れ目などの関係で、意外と気がついていないものにメガネがあるのをご存じですか?
実は良く見えるメガネは、かえって眼精疲労や疲れ目の原因になることがあるんですね。

 

 

メガネはかけるのは、ものが良く見えるようにする為なので、眼鏡をかけていたほうが目が疲れにくいと思っている人が多いものです。
しかしながら、合わないメガネによって眼精疲労や疲れ目、脳の疲れ、ストレスなどの多くが引き起こされていると言えるのです。

 

 

そもそもメガネは、眼科医に検査をしてもらって、その人の眼に合わせたレンズの度数などを医師が指示した処方箋が本来は必要なんです。
ですが、現実には町のメガネ屋さんで、処方箋なしで簡単に作れてしまいます。

 

 

そうなるのも眼科医が足りないから他ありません。
眼科医が全てのメガネの相談を受けていたら、本当の眼の病気の患者さんを治療する時間がなくなってしまうというのが、眼科医の現状なのです。

 

 

そして、メガネ屋さんはお客の視力を光学的に機械で処方して、より良い見えるメガネを作ろうとします。
ですが、実はここに大きな落とし穴があり、最も良く見えるメガネは必ずしもベストとは限らないからです。

 

 

何故なら、眼鏡を作る時に遠くが良く見えるほど、近くを見る際に、これまでの何倍もの調節力が必要になってくるからです。
その結果、眼をとても疲れさせてしまうことになるんですね。

 

 

そして、殆どの人は最も良く見えるメガネをを注文しますが、ベテランのメガネ屋さんは経験上、良く見えるメガネだとかえって合わないことがあることを知っていて、お客さんにアドバイスしますが聞かないお客さんもいます。

 

 

ところが、4、5日たっと、眼がくらんだり、頭が痛くなったり、四六時中イライラして、原因不明のストレスが溜まってしまいます。
これはメガネの度数が強すぎることによって起こる眼精疲労の典型的な症状です。

 

 

このような合わないメガネによる眼精疲労や疲れ目は、かなり多く見られます。
もし、あなたが「近頃どうも疲れやすくなった」「最近、子供の落ち着きがなくなってきた」「何故かイライラする」とい場合は眼の疲れがその原因になっていることが少なくありません。

 

 

いずれにせよ「悪い目の使い方」で目を酷使し、目に疲れを溜め込むことは視力低下の大きな原因になりまず。
眼の疲れは、勉強や仕事の意欲の低下、疲労感の増大などの脳なの疲れを招きますので、眼鏡をかけている人は尚更、眼精疲労には十分に注意することが大切でしょう。

 

 

この視力向上委員会の前田先生の視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」は、目そのものの機能改善だけではなく、脳の機能改善を主体にしたものです。

眼精疲労や疲れ目などをはじめ、目の疲れ、脳の疲れ、ストレス、これらに起因すると思われる目のトラブル全般に対して改善が期待できます。

 

毎日たった5分間、ゲームを楽しむだけ。

 

視力回復&脳活性プログラム「アイアップ」の詳細を見てみる >>

 


実践者の声 視力回復と脳の関係 リンク集